戻る

Mike BRILEY(マイク・ブライリー)

略歴

バース大学(イギリス)、ブエノスアイレス大学(アルゼンチン)、パスツール研究所(フランス)で生化学と薬理学を学び、その後、フランスの製薬会社で24年間勤務し、研究開発、マーケッティング、戦略など多方面の経験を積む。その間に、数多くの科学論文や学会発表、学術集会の運営などを手がける。11冊の本を編集し、200以上の学術論文を有している。製薬会社時代の最後の5年間は、抗うつ薬であるミルナシプランの国際的プログラムに尽力し、日本でのミルナシプランの発売記念学術集会に参加。現在は、独立してNeuroBiz Consulting and Communicationsを設立し、精神と神経の分野において企業コンサルタント、学術企画の立案と運営など幅広い活動を行っている。

詳細な履歴
出版物のリスト
学術活動